シン・エヴァンゲリオン劇場版感想【フォースインパクトを止める鍵】

シンエヴァンゲリオン

※すべてのエヴァンゲリオンファンのひとりとして、ラストシーン(宇部新町駅)についてはふれません※

 

本当にいい映画でした。

私は4回見ましたが、すべて新しい発見があり、すべて見た価値がありました。

f:id:m-k-o:20210728162029j:image

前回のブログにて第3村の大切さとそっくりさんについて話をしました。

 

今回はその内容を踏まえてフォースインパクトを止めるための鍵について話をしていきます。

フォースインパクトを止める鍵 

f:id:m-k-o:20210731102825j:image

フォースインパクトを精神的に止めるきっかけを作った「そっくりさん」の影響から、シンジ君は決断ゲンドウと対話し、ゲンドウの根底にあるものを見つけ解決してあげました。

あとは終焉に向かうために、フォースインパクトを止めないといけません。

フォースインパクトを物理的にに止めるきっかけを作ったのは葛城ミサトさんでした。

 

ミサトの根底

ミサトは、いつもその人の行動を尊重していました。

その行動は、「破」でシンジ君に声をかけた「自分自身の為に」という言葉に表れていると思います。

さらに、加持さんがサードインパクトを止めようと行動したときに、

涙を見せずに送り出したのだと思います。

 

ミサトの使命

今回は破の最後のみさとさんの発言が、

「Q」ミサトさんを苦しめ、

この映画まで影響を及ぼしていることに驚きました。

 

ミサトさんがシンジくんに発言した言葉。

ミサトさんにはサードインパクトで感じて、

加持さんとの間に大切な子供ができたにもかかわらず、

子供の幸せのために向き合った14年間。

 

それはシンジ君にあのような決断をしてくれました責任。

今までのエヴァンゲリオンでも

責任感を感じるミサト様が描かれてましたが、

子供ができてまでシンジくんを守ろうとするミサトさんの姿

そのために過去の自分の姿を捨てた姿

上記からミサトさんの本当の優しさと言うものを感じましたただ本当の心を感じました。

 

しかし、ミサトさんでさえゼーレとゲンドウからすれば、死海文書のシナリオの一つ”でしかありませんでした。

では、なぜフォースインパクトを止めることができたのか?

それはミサトさん自分の行動を尊重したことだと思います。

これまで、「誰かの行動を尊重」してきたミサトさん

しかし、ミサトさんはその尊重の責任を自分自身が負う立場で、

自身の行動は責任だけであり、決して自分自身の行動を尊重していなかったと思われます。

 

最後の、自分たちで槍を作り、シンジ君に届けようとする姿勢は、ミサトさんが自身の行動を尊重した結果であり、ゼーレとゲンドウからすれば予想外の行動だったと思われます。

 

自身の殻を破ったからこそ、ミサトさんは髪を解き14年前の姿に戻ったとのだと思います。

そして、

槍を届けた後の死様

これには感動しかなかったです。

この最後のエヴァンゲリオンを見るともう一度"ミサトさん目線"で「破」を見たくなります。

f:id:m-k-o:20210728162055j:image

 

ミサトさん目線のエヴァンゲリオンを希望 

今回の映画を見て、「破」から「Q」まで14年もの歳月が過ぎれいる理由がようやくわかりました。

それは、今回の物語が「シンジくん」目線だったからです。

14年間シンジくんはLCLの中にいたので、期間があっという間にすぎたのだと思います。

この14年を知るためには、「葛城ミサトエヴァンゲリオン」を見るしかありません。

 

しかし、普通のアニメであれば主人公がいない回はよくあります。

庵野総監督があえてそうしなかったことを考えると、セカンドインパクト以前からの「葛城教授」との家族生活と、セカンドインパクトからネルフに参加する過程も必要となってくると思います。

※個人的にはここまで外伝として観てみたいです。

 

ここまで記入してフォースインパクトを止める鍵が足りない!

フォースインパクトを止める鍵として記入中に何かが足りないことに違和感を感じました。

もう一度振り返ってみると、それは冬月教授の存在でした。

冬月教授は・・・

そして、主人公のシンジくん、ゲンドウの行動の根底にあったものとは…

話が長くなってきたのでここから先は次回のブログで考えていきます。

 改めて振り返りをしてみるとエヴァンゲリオンという作品の奥の深さは本当に計り知れないです。

 

【ラストシーンに触れない理由】

実写映像の宇部新町駅のシーンに2次元のエヴァンゲリオンキャラクター。

私は、この前シーンのマリが海に飛び込んだ後、後日談と判断しました。

その理由としては、ここまでの映画の流れからハッピーエンドに向かったとかんがえたこと、シンジ君の夢落ちと考えた場合にDSSチョーカーと同様の首飾りがついていた理由がわからないからです。

このために私は、後日談と考えて終わりにしました。

 

【ブログ紹介】

 私は他に下記のようなブログを書いています。

 

 

 

 

閃光のハサウェイ感想

※ネタばれ閃光のハサウェイ感想ブログです※

3部作の1作目

小説版閃光のハサウェイを読んだ方はわかると思いますが、

終わり方が衝撃的するぎる作品の為、心の準備が必要でした。

 

しかし、ニュースで3部作中の1作目と判明したので、

気軽な気持ちで見に行くことができました。

www.cinematoday.jp

 

率直な感想

私的に、人間模様と戦闘シーンが両立された素晴らしい作品だと思いました。

 

ハサウェイの覚悟

f:id:m-k-o:20210808160045j:plain

ハサウェイが何故、このようなことを考えたのか

ハサウェイが市民にマフティの行動について問た場面 

ベットで眠るハサウェイの涙がすべてを物語っているようでした。

 

エスと出会ったことでハサウェイはシャアの反乱の当事者となってしまい、

アムロとシャアの両側の気持ちがわかってしまったのでないのでしょうか。

 

だからこそ、今回のダバオ会議は許せなく、

ブライト・ノアという素晴らしい父の息子という地位を捨てでも、反乱を決断したのでしょう。

 

町の人たちにマフティのやり方について言及された時、

明日、明後日のことを生きようとする人たち姿を見たとき、

ハサウェイには、目の前の人たちよりも将来を考えないといけない悲しい使命感があったのであと思います。

 

ハサウェイの弱さ

 

ハサウェイの強さはシャアの反乱を経験したことですが、

ハサウェイの弱さは優しさです。

 

「最後に自分たちが殺す人たちの顔を見ること」

「深夜にカモフラージュの為に、逃げる予定が、ギギを助け助けてしまったこと」

これは彼の優しさからきていたものでしょう。

 

だからこのクスイガンダムを受領した時に、彼は自分の弱さに後悔をしてしまったんだと思います。

 

ハサウェイの決断の経緯

ハサウェイが今回の決断に至った経緯には、

ハサウェイの弱さであり優しさが関係していると思いました。

 

それは、ギギが大佐の元へ走っていたった際に、

エスがシャアの元へ行ってしまったことです。

 

エスを救おうとして、シャアの反乱の当事者になったことで、

シャアが反乱を起こした意図をしり、アムロと一緒に行動をしたことで、

地球を救おうとする人たちの意図を感じたのでしょう。

 

結局、彼の中には、クエスの存在があり、シャアの反乱が12年間こころの中にあったのでしょう。

 

今回の会議が許せなくなったのでしょう。

 

 

戦闘シーンの素晴らしさ

今回の戦闘シーンは特にコックピットの表現が非常にリアリティがあったと思います。

 

戦闘機が好きな私としては、ミサイルが迫ってくる警告音やモニターの表示が素晴らしいと思いました。

 

モビルスーツの動きは、マフティモビルスーツのダバオで浮遊シーンで腰アーマーが翼のように動く描写が、実際の飛行をする感じが出ており、興奮しました。

単に翼があるから飛行できること以外を表現しているのには震えました。

 

4DX

1回目、通常版で観覧

2回目、4DXで観ました。

4DXの感想としては、

戦闘シーンと日常シーンで使い分けがはっきりしていて、

戦闘シーンは臨場感たっぷり、

日常シーンは視聴者に考える時間を与えていたのであと思います。

 

ガンダムカフェ 閃光のハサウェイスペシャルメニュー

ガンダムカフェでは期間限定で、閃光のハサウェイスペシャルメニューが提供されています。

 

パインジンジャエール

f:id:m-k-o:20210728113624j:image

パイナップルの甘味のジンジャエールが非常に合っていて美味しかったです。

おいしくて、2杯飲みました。 

 

平目のソテー ペイザンヌソテー

f:id:m-k-o:20210728113602j:image

シンプルで薄めのソース特徴的な品

 

このシンプルなソースの上にあるレモン

このレモンをソテーにしぼってあげると、

酸味がソースの良さを引き出してくれて美味しくなりました。

 

 

 注文特典

f:id:m-k-o:20210728113647j:image

映画を鑑賞された方限定で特性ブロマイドが提供されます。

今回は、友人と2人でいったので、4枚いただきました。

 鑑賞の確認は、映画チケット半券もしくはインターネット予約メールで可能です。

 

 Gガンダムの比較

 「なんでここで機動武闘伝Gガンダム!???」

ふつうはそう思うでしょう。

今回、ダバオで貧しいながらも生活をする人たちをみて、

私は思ったことがあります。

Gガンダム”では環境汚染の為に、地球を捨てて宇宙に上がることを望んで人が多く、

地球は衰退をしていました。

 

この2つ完全に真逆の内容だと感じました。

シン・エヴァンゲリオン劇場版感想【第3村とそっくりさん】

シンエヴァンゲリオン

※すべてのエヴァンゲリオンファンのひとりとして、ラストシーン(宇部新町駅)についてはふれません※

 

本当にいい映画でした。

私は4回見ましたが、すべて新しい発見があり、すべて見た価値がありました。

f:id:m-k-o:20210728162029j:image

4回の感想

1回目(3月公演開始翌週):すごーい

2回目(1回目の翌週):シンジくん自身たっぷり~、ミサトさんの抱えているものが大きすぎる(泣

3回目(6月14日頃):最終入場特権の薄い本GET!第3村の日常いる??

4回目(7月最終舞台挨拶日):第3村の内容こそ一番重要やん!!

4回観て、第3村の重要性に気が付いて、私はようやくシンエヴァンゲリオンの本当の素晴らしさにたどり着いたと感じました。

 

というわけで、今回は、「第3村」と「そっくりさん」にまずはフォーカスを当ててみようと思います。

 

 

そっくりさんの心変わり

今回の新シンエヴァンゲリオンのフォースインパクトから世界を救うきっかけを作ったのは「そっくりさん」だと思います。

f:id:m-k-o:20210801011520j:plain

正直、「Q」では単なるクローンでしかなかった「そっくりさん」が映画のキーになる存在とは4回目までわかりませんでした。

 

シンエヴァンゲリオンの終焉に向かうきっかけのキーワードは「そっくりさん」の"私、命令が無くても生きている"と言う発言であり、その後のそっくりさんの人間らしさが増していく内容でした。

4回目の観覧では上記の言葉が気になり、それを軸に見てましたが、

まさか映画のキーとなるキーワードとなっているとは…

 

第3村の重要な存在

映画鑑賞回ごとの第3村の感想

1回目:村や〜

2回目:これの意味が理解できない😭

3回目:寝ようかな

4回目:これ全部重要やん!😲

"私、命令が無くても生きている"と言う発言で、畑仕事やその仲間たちとの生活によってそっくりさんの行動に変化をもたらしました。

「そっくりさん」の行動一つ一つが新しい発見となり、

新しい発見は「そっくりさん」にとって人間らしい一面を発見するきっかけとなりました。

 

言葉を覚え、行動を覚えて、人間らしくなっていく「そっくりさん」の行動、 

 そしてそれはシンジ君が自暴自棄になっている状態から助けるきっかけになりました。

死海文書達成のために、ゼーレとゲンドウが綾波シリーズに仕組んだ第3の少年に好意を抱く設定は、

ゼーレとゲンドウに利用されるのではなく、世界を救うことになるシンジくんの行動を変えるきっかけとなりました。 

 

影響:そっくりさん→シンジくん

 

今回の映画でシンジくんが自信満々に最後の決断に至った経緯を紐解いていこうと思います。

なぜかというと、「破」の決断が、「Q」で迷いを生み、今映画の序盤で自暴自棄になったにも関わらず、フォースインパクトを止める際には迷いがなく自信に満ち溢れていたいたからです。

  

「破」の最後にミサトさんに言われ、初めて自分に意志で決断したシンジ君。

しかし「Q」で、信じていた者たちが思い描いていた方向とは違うことに戸惑い、しかし自分の信じているものをために「Q」で再度インパクトを起こしかけてしまったこと。

「Q」の最後から今回の映画の序盤にかけて、自分の意志で決断したことが取返しのつかないことだと、気づいてしまった事は、その罪の大きさに落ち込み、自暴自棄になるのは仕方のないことだと思いました。

(仕方の内容としては、世界を滅ぼしかけたとんでもない内容でしたが… )

普通はそこからの立ち直りは普通は無理だと思います。

だからこそアスカの発言に耳を傾けず、外でずっと悩んでいたのでしょう。

それを変えるきっかけになったのは、

人間らくなった綾波シリーズ「そっくりさん」でした。

f:id:m-k-o:20210801011520j:plain

 

第3村で「そっくりさん」の心変わりが、シンジ君の変化につながってくるとは、最初見た時はそこまで重要だとは思いませんでした。

 

それの理由は、「碇くんが好きだから」の発言だけが大事思っていたからです。

しかしその発言にはそっくりさんがそっくりさんの"私、命令が無くても生きている"とい発言で始まった第3村での経験が入っており、実は言葉に重みが有りました。

重みがあったからこそ、辛い経験をしたにも関わらず、シンジ君は自分と向き合い前に進む決断をしたと思います。

 

その結果は、初号機に乗って、父に戦いを挑み、第3村の光景を見た後、父と会話をする為に、今までの認めてもらいたいから、父のことが知り解決していきたいことに繋がり、フォースインパクトを止める手段となりました。

 

死海文書

フォースインパクトを止める為、ゲンドウと会話したシンジくん。

では、ゲンドウの目的とは何だったのでしょうか?
私はゲンドウは死海文書を利用したゆいと再会だと思いました。

 

これまでのエヴァンゲリオンでは、ゲンドウが死海文書を一方的に私物化していたように感じました。

しかし、実際には死海文書に協力し、自分の目的である"ゆいに会う"ということを達成しようとしていました。

 

また、ゼーレからしても、死海文書を達成するためであれば、ゲンドウの目的は単なるオマケだったのかもしれません。

 

1990年代のエヴァンゲリオンの映画であれば、"ゲンドウを殺す"と言う事でしたが、今回はそのような発言は無く、死海文書に則ったお互いが利用し合う立場だったと思います。

 

ゲンドウの行動はゼーレにとっても好都合だったんではないでしょうか。

もしかしたら、"ゆいが消える"ことはゼーレが仕組んだ内容だったのかもしれません・・・

 

フォースインパクトを止める鍵

フォースインパクトを精神的に止めるきっかけを作った「そっくりさん」の影響から、シンジ君は決断ゲンドウと対話し、ゲンドウの根底にあるものを見つけ解決してあげました。

あとは終焉に向かうために、フォースインパクトを止めないといけません。

次回は、フォースインパクトを止める鍵について話をしていきます。

 

m-k-o-anime.hatenablog.jp

 

【ブログ紹介】

 私は他に下記のようなブログを書いています。